借金についてなのですが、複数利用しているということは珍しいことではありません。複数の貸金業者を利用されている方はかなりたくさんいるようになっているというわけです。複数の貸金業者を利用している方は、多重債務者といいましてあまりよろしい状況ではありませんが、そういったことは認められてはいないわけではありません。そこでなのですが、個人事業主の方が利用するローンがあります。その個人事業主が利用するローンについてなのですが、個人事業主借入の注意点としまして、いわゆるローンがすでにある方は利用していけるのか、という部分があります。その個人事業主借入の注意点としましての、ローンが複数になってしまう個人事業主についてなのですが、基本的には認められているものになっています。ですので、すでに借金があるからといいまして個人事業主借入が認められないことはない、ということは覚えておくべき部分です。個人事業主借入の注意点の注意点としましてしっかりと知っておかなければいけない部分もあります。それは、収入に比べまして一定以上の債務に達してしまっている場合です。その一定以上の債務につきましては、それぞれの貸金業者によりますのではっきりとはしていないのですが、年収の半分以上になりますと、さすがに利用ができなくなるケースも出てきます。ですので、ある程度の範囲を超えないように利用をしていくべきです。また、個人事業主借入の注意点についてなのですが、すでにローンがありますと、利用限度額は基本的に減らされます。その点にも注目していくべきです。